Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/perma.jp-ebirion/web/dareliva.net/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2849

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/perma.jp-ebirion/web/dareliva.net/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2849

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/perma.jp-ebirion/web/dareliva.net/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2849

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/perma.jp-ebirion/web/dareliva.net/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2849
金の買取の前に | 金買取の前に

金の買取の前に

金を持っているから買取をしてもらいたい、あるいは今のうちに金を買ってあとで買取ってもらいたいとお考えの方へ、金投資の基本をお教えします。
金は長期保有を前提とした投資商品であることをまず認識しましょう。
金を持っているからといってそれが金利が発生するわけではないからです。
金を安く買って高く売ろうとして、一時的な資金を金投資に投入したとしましょう。
その場合、価格が高くなっても安くなってしまっても「売らなければならない時」が確実にやってきます。
金は株式や債券などとは違い、景気の流れに左右されたり、会社がつぶれたりしてそれそのものが紙くず、無価値になることはありません。
守りの資産として、持っていること自体に価値があり、なおかついつでも現金に換えられるという有意性を発揮するのが金の特徴です。

金を買う場合ですが、基本的に金の価格は毎日変わります。
円建ての国内価格ですと、金の海外市場における価格だけでなくそれをドル換算した場合の為替レートによっても影響を受けます。
これが為替変動リスクですね。
こういったこともありますから無理に安く買って高く売ろうなんて考えないほうがいいでしょう。
それに少額で金を購入する場合、たいてい手数料がかかります。
500グラム以上の購入なら手数料が無料の会社は多いですがそれ以下はおおきな額の手数料がかかります。
それだけの資金が用意できれば話は別ですが、個人投資家には無理な話でしょう。

大枚はたいて金を買ったものの、値段が下がってしまい売ろうにも売れなくなったというケースも考えられなくありません。
いわゆる価格変動リスクによる影響を受ける可能性です。

そのほか、流動性リスクもあります。
金を持っていたはいいけど、買取ってもらえない、現金化できない場合です。
金が少しずつでも積み立て投資を行うべきなのは、投資におけるもう一つの一般的なリスク。
信用リスクとは今のところ皆無であるという点です。
信用リスクとは何か具体的に申し上げますと、現金や株式、債券は「信用」によって成立しているペーパー資産です。
信用がなくなれば無価値、つまりただの紙くずです。

一方金は有史以来その価値が紙くずになったことがない「実物」資産です。
金は希少性という価値を持つ資産ですから信用リスクとは無縁です。
需給関係が正常な活発な現在、売りたい時に売れない、現金化できないという流動性リスクもありませんからまずはじっくり、少額づつ金を積み立てていくのがよいでしょう。